東洋占術って?

こんばんは!
これまで、占いとは関係ないことばかり書いていましたが、
そろそろ真面目に占いについて書いていこうと思います。
長くなりますが、読んでいただけると嬉しいデス!

さて、占いと一口にいっても、
命・卜(ぼく)・相といった3つの種類があります。

「命術」は生年月日や出生時間を使ったもの。
有名なところでいったら星占いだったり、
一時流行った大殺界とかいうやつだったり。
私がメインで使っている紫微斗数もコレに当たります。

「命術」では変わらない本質や運勢、
運気などを見ていきます。

変わらないというのは、
占いで導きだされる結果が変わらないということであり、
運命を自分で切り開いていくことは、もちろんできます。

ただ、この運勢を知ることによって、
自分を深く知ることができ、
この先、どう行動していけばいいか、
どういった選択をしていったらいいかが、
わかるようになります。

この命術は、命・卜・相の中でも特に重要で、
命を知ってこその卜や相だったりします。

「卜(ぼく)術」はその時瞬間の偶然性を使ったもの。
タロットだったり易だったり。

「偶然」だなんて信憑性なくない?
と思う人もいるかと思いますが・・・
自分が生まれたのも、人との出会いも、
不思議な偶然から生まれています。

偶然は必然。
という占いです。

例えば、2つの道で悩んでいる時、
また相手の気持ちが知りたい時などは、
この「卜術」がわかりやすくていいですね。

ただ、この占いはやる度に結果は変わりますから、
状況が変わる度に占い直したり、見直す必要があります。

最後に「相」。
これは見た目で占うものですね。
手相や人相、家相など。
名刺やHPでも占うことができます。

ここから見える結果は、
「命」と繋がっていることが多いですが・・・

家相など、意図的に変えることもできるため、
開運法としても応用が可能だったり、
命のように、道具やら情報を必要としないので、
いつでもどこでも占える、とても便利な占術です。

ただ、変えられる分、あやふやなところも多いため・・
実際の鑑定では依頼がない限りは使わないことが多いです。

そしてこの命・卜・相バランスよく使えるのが、
占い師として必須条件と言われています。

例えば恋愛でいえば、
どんな人と結婚するか見るには命術が的確ですし、
相手の気持ちを見るには卜術が一番。
そして、今の自分が恋愛向きの立ち振る舞いをしてるかは、
相術で見れば一発でわかります。

そうやって複合的に見ていくんですね。

そして、私が好きな東洋占術は更にこれに、
医(い)と山(さん)が加わります。
5術と言われるヤツですね。

医とは医学の医で、鍼灸、方剤、漢方から、あんま、マッサージ、指圧などの東洋医学になります。

山とは精神と肉体の鍛錬で、例えば食生活、性生活、呼吸法、養生。禅とかヨガとかそういうものです。

3術で複合的に占いつつ、
加えた2術で生命力などを上げていき、
複合的に人生をよりよいものにしてくのが、
東洋占術なのです。

奥深いですよね!!

私はこの命・卜・相の3術を使って鑑定はしてますが、
医と山はまだまだ。

中国の老師たちは当然
この5術を身につけているそうですから、

まだまだ占い師としての学びは
続けていかなければいけないのです・・・